2009年05月13日

太鼓を始めた不純な動機

和太鼓をやる人の中には、学校教育以外で楽器を触ったことがない、音楽というものにとんと縁がなかったというタイプが結構いたりします。リズム感にも運動神経にも自信がない。それでなぜやろうと思ったのかわからないけど、とにかくやってみたい。そういう人が多分、他の稽古事より多い気がします。(注、正確な典拠はありません)

かく言う私もその一人だったのですな。でも、なぜやるのかということについては、自分なりにはっきりした理由がありました。

それは「左手がつかえるようになりそうだから。手を使う自分の仕事に役立ちそうだったから」です。かなり不純な動機だといえますが、ほかの事を想像していた皆さん、すみません。

嫁さんが友達の友達に太鼓をやっているからと誘われたのを、渋々ついてきたところ、師匠に長胴の平打ちをさせてもらいました。

丹田を意識して体の中心の前に置き、右も左もぶれることなく一定したリズムを刻む。自分の仕事と同じだ。しかしやってみるとリズムが整わない。左手が思うように動かない。

出来ないから面白い。だから続けよう。これがうまく出来れば、治療技術にも良い影響が出るだろう、とそんなことをすぐに考えていました。

人前で演奏するなんて、当初は考えてもいませんでしたな。結局3ヶ月後には夏祭りに参加して叩いてましたけど、まあひどい出来でした。

年数のわりに今も技術は大したことないけど、だから面白いというのはやっぱりあります。何でもすぐできてしまったら、考える暇がないですからね。
posted by 徒手空腹 at 21:58| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 運動を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月10日

筋肉痛(夜間ハイクにサイクリング)

連休中に小豆島を自転車で一周してきました。2日間で100キロメートルの上り坂下り坂と聞いてまして、重くて盗まれにくいのが取り柄のような私の自転車で可能なのかと不安でしたが、今回はまあ楽勝でした。車に乗れない私にとって自転車は普段から大事な交通手段でして、少々のことでは疲れないことを改めて自覚しました。6日から仕事でしたから筋肉痛がないのはうれしい。

長男が昨年の春にはいった(ボーイ)スカウトのおかげで、こういう貴重な体験が出来とります。リーダーのお手伝いということで、今年はサイクリングをしましたが、去年の秋には45キロの夜間ハイクも経験しました。

この時はちょっとつらかった。完歩はしたものの歩いてる途中から股関節の痛みが出てどうにもならなかったからです。

でも翌日にはやっぱり仕事に出ました。筋肉痛はほぼ治ってましたから。「次の日にくる痛み」というのは防ぐことが出来るのですよ。

私は夜間ハイクの実施日の3週間前に練習として半分の距離を歩いて、筋肉痛を先に作っておいたのです。その時はたった22キロで股関節周囲の筋肉はかなり痛みがでて、3日たっても消えないのでマッサージをしてもらい、やっと楽になるという情けない状態。もともと先天性股関節脱臼で生まれてきて、太腿が外旋しにくいところも影響しているやしれません。

でっ本番の日、16キロくらいからちょっと怪しくなり、22キロ歩いた時点では練習と同じくらいの痛みが出ていました。運動直後の筋肉痛というのは一回やそこらの経験では変わらないのですな。もう30キロくらいで痛みがピークに達して、そこからは足をやっとこさ運んでいる感じでした。

でも次の日の筋肉痛は全然違っていたのですよ!22キロで3日間痛んでマッサージまで必要だったのが、45キロでも翌日は仕事をしても全然大丈夫なのですからえらい違いです。

3週間というのはちょっと間が長すぎるかと思ったのですが十分に有効でした。この期間の限界に関しては、個人差や使う筋肉の部位によって変わるかと思います。詳しく調べた資料をどなたかご存知でしょうか?

サイクリングに使う筋肉は脚だけでなく、上半身にかなりの負担がかかります。それだけ仕事量を分散しているのだから脚は歩くより一層楽です。自転車で45キロ歩行と同じくらい疲れるには、ゾッとするくらいこぎ続ける必要がありそうです。
posted by 徒手空腹 at 00:09| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(0) | 運動を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

覚悟は出来たかって?

死に様占い

占いというより、心理テスト系のお遊び。ブラックだけど。
以下は私の死に様らしいのですが…


乗っていた飛行機が雪山に墜落。わずかな生存者のひとりとして生き長らえる。
 しかし、救助隊の到着が悪天候によって遅れ、貴方たちは飢餓状態に陥る。やがては貴方も力尽き、自分が死んだら死体を食べてくれと言い残して息を引き取る。
 同乗者たちは貴方の遺言に従って生き延び、救助隊に発見される。
死因: 凍死
死因の種類: 不慮の外因死
死亡した場所: 冬の高山地帯
posted by 徒手空腹 at 21:13| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月15日

忍びがたきこと

NHKの長寿番組となりつつある「忍たま乱太郎」

私も子供が小さいときはよく見たり、本も借りたりしてました。元作者は尼子騒兵衛さんという人ですが、作品がアニメ化されてまもなくのころ、激怒されたことがあるというのを、新聞のインタビュー記事で読んだことがあります。

乱太郎の友達「きり丸」の好きな“小銭”が寛永通宝だったからです。「時は戦国ということになっています。500円玉みたいに子供でもわかるギャグはいいんです。」

昨日テレビでShinobiが放映されていたんで、このことを思い出したんですな。

 奇想天外というより無茶苦茶といったほうがいい忍術と、ありえないストーリーこそはこの作品の持ち味ですから、目くじらを立てるようなものではありません。私が気にくわなかったは一点だけ。物語の中で出てきた手紙が現代仮名遣いであったことです。

これは困る。もうあれだけで台無し。「そんなものなくてもB級以下じゃん」とか言うのは、まあ好き好きの問題です。風太郎ワールドを映像化すれば、あれは結構よく出来ているものと考えてもいい。

変幻自在の殺人糸とか、目を合わしただけで人を殺める術なんていうのは、どこにもない「夢の世界」です。戦国でも江戸時代でも、現代であっても誰も見たことがないんですから、やりたい放題で結構なわけです。

現代仮名遣いは、今の世界に厳然とあって、昔には絶対にない。「伝心の術」が出てきても、電信技術は出てきません。あの手紙は衣装の袖から、腕時計が覗いていたのと同じです。

あれだけのものを作るんですから、やっぱりみんなで話し合ったと思うんですがねえ…どうしてでしょうか。私だったら絶対旧かなにして、その上で達筆すぎて読めない文字にしてもらいますけどなあ。
posted by 徒手空腹 at 23:37| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月16日

夏が終わる

夏といえば祭り、祭りといえば太鼓。というベタなつながりで、8月からしばらく人前で打つことが多かったのですが、それも昨日で一段落が着きました。毎年地元の中学校で行われる小さな手作りのコンサートに出演させてもらうのが、このシーズンの最後の仕事になります。

今年は近くの高校の和太鼓部が初めて出演していました。彼らには是非、我々の演奏を見て欲しかったのですが、来てる様子は無かったような?

私も仲間もミスをしたし、技術的に大したことを言えるようなものではないのですが、他の団体のやることを見て何か考える材料にするとか、そういうことがあってもいいのではないかと…まあ、いろいろ時間の都合とかあって来られなかったのかもしれませんが、ちょっとさびしかったですね。

演奏するというのは、聴く人がどう感じるかを常に考えてやるものであることを私は師から学びました。太鼓の打ち方を教える先生はたくさんいますが、「太鼓を人に聞かせられるように自分で考えること」を教えてくれる人はおそらく少ないでしょう。私はその幸運にめぐまれながらも、なかなか前進できずにいます。

一「ミスをせずに打つ」
  ↓
二「自己表現をする」
  ↓
三「観客を魅了する」

こういうのが通常のステップであろうとは思いますが、お金を取る取らないにかかわらず、人様に聞かせる以上は三番目を意識することが当然重要なわけで、一生懸命練習を重ねるのもそのためであり、ノーミスが目的ではありません。

つたないなりにでも、見る人聞く人の立場になって考えつづけようと心がけています。ただ単に「太鼓を上手に打てるようになる」以上の、無形の財産を得ることになると思うからです。
posted by 徒手空腹 at 23:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

肩凝りって

本家のサイトの更新を久しぶりにしました。(って結局こっちもかなり久しぶりだけど…)

実はパソコンを変えたりプロバイダを変えたりしているうちに、更新が出来なくなっていましたが、今日やってみたら出来た(といってもサーバーの会社の人に電話で聞きながらだけど…)

肩凝りについて載せました。一般的には鍼灸といえば肩凝りというイメージが強いのですが、実際うちではそんなに比率が高いわけではありません。

でもやっぱりこの辺のことはそれなりに大事です。「コリ」をグリグリしたり、グサリとやったりして治すわけではないんだということを、理解していただきたくもありますし。

まだ中途半端な記述です。時間があるときあっちかこっちかで、この件で詳しく載せるつもりです。
posted by 徒手空腹 at 23:24| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

美しい山

私の住んでいる高槻にはポンポン山といわれる山があります。正式名称は加茂勢山というそうですが、誰もその名で呼ぶことはありません。

標高679mの山頂付近で足を踏み鳴らすとポンポンという音が聞こえることからつけられた名前ですが、最近は音の出が悪くなっているようです。いただきにあった空洞が小さくなっているのが原因と思われますが、はっきりとはわかりません。

それはともかく我々高槻住民にとってはこの上なく親しみのある山を、驚くほど美しく撮影している写真ブログを見つけました。

この山を知る人も知らない人も是非ご覧ください。

ポンポン山の森から

なお山の中腹にある本山寺は紅葉目当てに訪れる方も多いところです。また京都側に下りる道があり、ふもとにはやはり紅葉で有名な善峯寺があります。
posted by 徒手空腹 at 21:59| 大阪 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

夏はバナナが売れないらしい

よく行く八百屋さんに言われました。5時ごろにトマトやキュウリを買っていたら、つぶれかけたバナナを一房おまけに入れてくれて、
「ジュースにしたらええがな」

バナナミルクは駅のジューススタンド(このへんでは京阪が有名)でも人気のある一品ですが、家で作ればもっとおいしくなります。今回は酢漬けの生姜を少しいれてミキサーにかけましたが、これは一段とうまかったですよ。

バナナジュースの売り上げはどうか知らないけど、バナナの消費量は日本では真夏に少し落ちるらしいです。バナナは今でも熱帯か亜熱帯のところに行かないと取れない作物で、そういう意味では夏こそが旬のはずなのに、あの食感が日本人にとっては暑苦しいものになるのでしょう。

ドイツ人がバナナをとてもよく食べると言うけど、これも「旬」とは関係なさそう。

夏だからバナナを食べる、飲む、と決めている私は先進国では少数派だったりするんでしょうか?
posted by 徒手空腹 at 22:13| 大阪 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 物を食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

危険な誤解

またizaからの引用です。

自殺するという人は死なない」5割が偏見

「死にたいと言う人は死なない」が本当に偏見なのかどうかという疑問の声も寄せられているようです。

そりゃあ偏見でしょう。精神科医の話では、自殺した人のほとんどが誰かに死ぬ意思をもらしているものだそうです。

じゃあ何でそんな危険な偏見が生まれたか?

それは「死にたい」と言っても自殺しない人も大勢いるからです。口癖のようになっている人もいれば、実際ぎりぎりの境目に耐えながら、何とか生きながらえている人もたくさんいるでしょう。

死にたいと言う人が死なないと信じていると、後者のような人に「じゃあ死んだら」と軽く言ってしまうことがありえます。

それだけは絶対にやめましょう。また語弊のある言い方ですが“死ぬ気が無いのに”軽々しく死ぬなどと言うことも偏見を助長させます。親しいあいだがらで明らかに冗談とわかるとき以外は、間違っても言うもんではありません。
posted by 徒手空腹 at 23:23| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースを読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クールビズでも節電ならず

クールビズ、節電効果につながらず 内閣府調査

まあ、そうだろうなあと思います。先月しかたなく防衛大臣を引き受けたような形になった小池百合子さんが、環境相だったころにまいたふれこみは「夏に男性が上着とネクタイを外せば、女性のひざかけがいらなくなる」でした。でも実際、冷房に苦しんでいる患者さんの話を聞くと一概にそうとも言えないのですね。

エアコンの設定温度を下げまくるのは、必ずしも“脂ぎった汗かきのおじさん”とはかぎらないのですよ。「ホットフラッシュに苦しむ更年期の女性」も結構いるんです。

更年期障害の代表的な症状のホットフラッシュは、たいがいの場合は日に数度のことで、常に暑苦しいわけではありません。また冷えのぼせという言葉があるように、上半身は暑くても、足や腰、下腹は冷えていたり、手足に熱が集中したりとかで、体のどこかには冷えが居ついているので、つよい冷房を嫌う人のほうが多いでしょう。しかし、人間の身体は各々様々ですので、ひたすら暑さを嫌う方もいらっしゃる。そんな人と隣の席に座らされると、ひざかけをしても一日で冬の体に凍りつくことになります。

当たり前ですが今回の調査にはそういう事実は発表されていません。とにかく28度または28度以上という温度設定をしているところが少ないということです。

28度は結構きついでしょう。体を動かす作業をしていればかなり汗をかきます。じっとしている職場では、コンピューターがたくさん置かれていて、これのために冷房をやや強くせざるをえない。そういうことで軽装化しても設定温度は変わらないことになるのです。

よそおいとしてのクールビズそのものは、昔の省エネルックと違いうまく行っているようです。しかし経済効果が上がっているということは、それだけたくさん資源を消費したのであり、節電に結びつかなかったのなら、環境政策としては今のところ全くの無駄であることになります。

とにかく軽装化で節電を広めたかったら、まず国会議事堂の中を28度にするところから始めないといけないでしょう。昔は議会でネクタイを外すといったらリベラルの主張だったのに、今は自民の独行になってしまい、ホントはやりたい人が出来なくなっているのかなと思ったりもします。

それでも参院選で大勝した民主党の議員さんは、すぐにネクタイを外すことはないでしょう。本人がよいのなら問題はありません。摂氏28度のなか白熱する論戦に正装して望めば、テレビカメラにもくっきりそのつらそうな姿が映ります。その時にこう言えばいいのです。

「額に汗する人が報われる社会を!」
posted by 徒手空腹 at 14:35| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュースを読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。