2005年09月02日

掛け算教授法

やはりまだ反復学習・練習の話題から離れられない。

小2の壁と言われる掛け算だが、この教授法に関して私はわからないことがある。
それは「九九は全部暗記すべきか」

たしか戦前の教育法では九九は半分だけ憶えるようになっていたと聞いた。2×3と3×2は同じことなので、3の段は「さざんが九」から始めるのだ。九九を覚えさせる前に掛け算の意味をしっかり教えておきさえすれば、これのほうが合理的な気もするのだがどうなんだろう。全部暗記させるための強い理由が見当たらんのだ。

ご存じの方がいらっしゃいましたら、コメント下さい。

っでもう一つ。

子供が九九でもっとも嫌うのが7の段である。私もそうだった記憶がある。なぜ7の段なのか?
理由
1、奇数の掛け算は末数が奇、偶、奇、偶と交互に変わるため憶えにくい。二年生の子供は奇数偶数という言葉を知っているわけではないが、憶えやすさには影響するだろう。

2、同じ奇数でも3は少ないので、まだ視覚的イメージがつかめる範囲もあり扱いやすい。5は五か十のどちらかで終わる。9はその数から1を引いて十の位に置き、足して9になるように一の位の数を出すという“ウラ技”がある。

3、何となく語呂が悪い。7は関西では「ひち」と読むが、何かいいづらい。「しち」だと四と間違えそうで余計に悪い。また九九は「ににんが四」や「はっぱ六十四」「さぶろく十八」のように、日本人が発音しやすいリズムに合わせているものが多いのに、7の段だけはまったく芸がない。普通の数え方そのままなのだ。

ということで、子供に九九を無駄なく楽に憶えさせる方法を、私は今思いついた。
1、先述したように暗記するのは半分をきっちりするだけ。

2、7は子供が発音しやすい「なな」と呼ぶ。7が出る九九はこうして口にする。
にーなな十四
さんな二十一
しなな二十八
ごなな三十五
ろくな四十二
ななーな四十九
ななや五十六
ななく六十三

どうですか。子供たちがおどけながら「ううっ、死なな28」とか「お父さん42歳。ロクな42歳や」とか口にしてるのが目に浮かぶでしょう!?
…って私だけ?

12歳までに「絶対学力」を育てる学習法―すべての教科に役立つ万能の思考力を伸ばす [単行本(ソフトカバー)] / 糸山 泰造 (著); 草思社 (刊)
posted by 徒手空腹 at 00:34| 大阪 ☀| Comment(8) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
思い出しました。たしかに7の段はいやでした。なぜか7(しち)の段といいませんね。7(なな)の段というのに、覚える段になると、いきなりわざわざ言いにくい舌のかみそうな「しち」を使うのはなぜでしょうか。謎です。
そういえば、他の倍数に比べて、7の倍数も見つけにくいですね。
なにかと問題児です。
Posted by こだま at 2005年09月03日 17:21
ついでに言うと「1から10まで数えてみて」と言われた時は「しち」と言いやすく、「10から逆に1まで数えてみて」といわれた時では、「なな」と言いやすいのですよ。

一応語学的には「しち」が正式な名称で「なな」は俗称(比較的新しい言葉なのでしょう)だったと思います。

倍数が見つけにくいことも7が「神秘の数」といわれる所以かと。
Posted by 院主です at 2005年09月03日 22:37
なるほど、それで、ラッキーセブンなのですね。白雪姫のこびとも7人。オオカミに食べられる子ヤギも7匹。侍も7匹。
確かに、神秘の数ですね。
Posted by こだま at 2005年09月03日 23:49
一週間や虹の色など身近なところでも、よく出てきております。
Posted by 院主です at 2005年09月04日 20:20
私が小学校の時は、2、5、9、3、7、6、4、3、8、1の段の順番で教わりました。何を意図したのかよく判りませんが、先生としては配慮があったのだと思います。
鈍才の私は、7、8、6の段がなかなか覚えられず、補充といって、放課後に残されてばかりいました。
Posted by 男の放課後 at 2005年09月06日 21:47
男の放課後さん、いらっしゃいませ!

言われてみればそんな順番だったような気がしますね。(今でもそんな感じだったかなあ?ちゃんと見てなかった(^_^;)

しかし、それだけ前のことをよく正確に憶えてますねえ。“子供の放課後”の思い出のせいでしょうか。今は放課後の居残りってあんまり無いんですよ。
Posted by 院主です at 2005年09月06日 21:55
はじめまして 掛け算を検索してたどりつきました。
まさしく 上の子がか算につまずいて困っています。ゲーム感覚で 遊びながら 言い合っていますが 私が習ったときと 言い方が違い とまどっています。
たとえば 5*8=40(ごはよんじゅう)を(ごはしじゅう)とか よんとしじゅうのちがいで・・・
でも ここをクリアしない 3年になったら 割算になり 暗記しかないのではと思い悩んでいます。
掛け算って 結構 社会に出てから使う計算方法ですよね どーしたら???
Posted by ゆかぁ at 2005年12月07日 10:52
ゆかぁさん、いらっしゃいませ。

「ごはしじゅう」ですか。うん、ちょっと言いにくそうな気もしますね。掛け算のおぼえ方についてですが、これは私のような素人より、上でコメントいただいているこだま先生や、同じく教育のリンクにある「ことばを鍛え、思考を磨く」の桐先生のページを読まれるのがいいですよ。ホントいい話がありますから!

音やリズムで暗記することもある程度必要ですが、数字をお金やモノで置き換えて、視覚的に理解しておくことが一番重要かと思います。

半分だけ憶えてあとは前後をひっくり返すというのも、意味を理解していればこそです。その方法でやると、口頭の暗唱テストなんか時間がかかってしまいますが、気にすることは全然無いです。

なあに、最初からゆっくり言いいながら、考えたらいいのですから。
Posted by 院主です at 2005年12月07日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。