2005年06月30日

ハンドボール(今回は理論は全くなしです)

ドッジボールについて散々述べたが、もともとそれほど運動神経の良くない私は球技がことのほか苦手だった。だからできない者の悲しさと、できたときのうれしさは人一倍よくわかるつもりでいる。一つの動作を身につけるための最短メソッドを考えることが、不器用なものの勤めだとも思うのだ。

しかし私にはそれ以上に苦手なものがあって、これだけはどうしようもなく、大人になっても何とかしようという考えには至らない。団体競技のプレイである。バレーのように敵味方チームがセンターで分かれているものは、それほど苦にならない。ラグビーやバスケットのように、攻守がフィールド内でごちゃごちゃになるものは、どこへ何をしていいか瞬間的な判断が要求されるが、そのセンスが私には全く無いのだ。

そんな私も中学時代はまだ自分の資質がよくわからず、団体球技のクラブに入っていた。それがハンドボールである。

「中学では珍しいね」といわれるのはまだしも、「ああ、あのマイナーなことで有名なスポーツね」などという正しいかどうかわからない日本語で表現されたりもする、実際わが国ではマイナーな競技である。

それが先日、知り合ってから10年近くもたつ人と話していて、両方が中学時代ハンドボールをしていたことが、初めてわかりちょっと喜んだ。その人がいたところは、同好会から始まって1,2年で都道府県の大会で3位まで上ったという高レベルなチームである。

私がいたクラブは「市内1位」を新入生勧誘の売り文句にしていた。市内一校しかないのだから詐欺みたいなものである。そんなチームでレギュラーになれないのだから、私と彼では技術的には天と地くらい違うかもしれないが、久しぶりにフォーメーションの話を聞けたのは楽しかった。もっとも車を運転してもらいながらなので、詳しいことはわからない。

ハンドボールはよほど大きな大会でないと、テレビでは放送されることはない。オリンピックの決勝などで、たまにオンエアされると必ず見てしまう。体重が100〜120kgでもスリムにみえる大きな選手が、これまた同じ体格の集まったディフェンスをなぎ倒しながら、ブレイクシュートを決めるところなど結構迫力があるので、今まで興味がなかった方には3年後ぜひ楽しんでいただきたい。
posted by 徒手空腹 at 23:06| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。