2015年01月21日

大根 下茹で新方法

私が最近やってる大根の下茹で方法は、ピーラーで薄く表皮を剥いただけで行います。以前は皮を厚くむいて、それも他の料理に使ってましたが、ふと思いつきで違う方法をやってみたら、なかなか良かったので載せておきます。

一般的には厚く剥いて輪切りにして、十文字に隠して包丁をいれ、米のとぎ汁などでグラグラ…
というのが普通ですね。でも今スーパーとかで売られている大根はえぐ味が少なく、わざわざ米や粉を入れる必要性はあまり感じられません。(私は昔のもっとえぐ味のあるのが食べたいくらいです!)

茹で汁のなかの澱粉が大根にしみて甘味を増すという効果もあるのですが、今回それはパス!それでも美味しいから。(個人の感想ですが)

ではやり方を。

1.大根の表面のところだけをピーラーなどで薄くそぎます。
2.包丁の長さより、ちょい短い丈に切る。
3.そしてここから!大根を回しながら縦にスッスッと切り込みを入れます。深さはふだん切り落とす皮の厚みまで。切り込みは私は3ミリごとくらいなんで、かなり多くなりますが、そんなに要らないかもしれません。
でもこれが大根を早く柔らかくさせ、また味を沁み通らせるので、多い方がいいと思っています。
4.輪切りにして、沸騰したお湯に放り込んで待ちます。柔らかくなるのは通常より早いはずです。

茹でるのに使ったお湯は捨てずにダシに使います。

後はご自由に!

皮の切り込みから、繊維の隙間を通ることで、中心部に向かってしっかりとダシが入りこむのですが、皮はくっついているので煮崩れはしにくいわけです。皮の硬さや違和感はありません。もしあるようだったら、刻みを多くしてください。




posted by 院主です at 21:57| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 物を食べる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/412733071

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。