2007年02月21日

ニンニクはすりつぶすのがいいらしい…

納豆の実験結果捏造発覚に始まって、安直な健康情報の垂れ流し実態が相次いで発表されていますね。今日の朝刊でも山田花子さんを使って笑えない実験をしていた番組があげられていました。

フードファディイズムという言葉でこれらの現象がしばしば説明されているのを見ましたが、こういう馬鹿馬鹿しい傾向は健康やダイエット情報に限らず、いろいろな場面で見受けられます。

「7週間で頭がよくなるための7習慣」
とか
「東大生はリビングで勉強をしている」
とか
「朝の3分のこれだけでビジネスマンが出世する」
とか
「ぼけないために声に出して読む名作」
とか

最後のは上の3つに比べると少しマシなほうかもしれませんが、版権の切れた名作の一部分だけを取り出して並べただけの本で金儲けをしようとしているところが浅ましい。

とにかくこういうものがコンビニの雑誌コーナーなんかで、デカデカと表紙を見せ合っているのを見ると、一応作者の名前をチェックして「こいつの言説には警戒しておこう」と心に決めてしまいます。(実際ろくなことを書いているように思えません)

評論家の宮崎哲哉氏はある番組で「どんなにお金に困っても絶対したくない仕事は何ですか?」の質問に
「“これで頭がよくなる”などといった安直なHow to本」
と答えていました。流石であるなと感じましたな。

で、タイトルの話ですが、ニンニクには血栓を予防する物質が含まれているものの、加熱調理によって効果が失われることが知られていました。

今回アルゼンチンのGalmarini博士が実験をしてみたところ、ニンニクを潰さずに6分間調理した場合、同物質の抗血栓作用が「完全に抑制された」といいます。そこでガーリックプレスで潰してから調理してみると、抗血栓性物質の損失をある程度防ぐことができたそうです。(しかし10分以上の調理で、やはり抗血栓作用の大半が失われてしまったそうな)

すり潰すことで得られる変化の詳しい理由や、切った場合との違いなどは記事では不明です。

ともあれニンニクだけで血栓予防が出来るわけではありませんので、念のために…


posted by 徒手空腹 at 23:30| 大阪 | Comment(3) | TrackBack(0) | ニュースを読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。
実は2回目の投稿です。以前は掲示板がありましたが撤去されたようですので,こちらに来させて頂きました。
以前掲示板に書き込みしてから2年がたちました。どうにか私も鍼灸師です。最近,同僚の先生からされた話なのですが,ある糖尿病患者が魚の目を取るために患部への知熱灸をしたいというのだが,これは禁忌になるから薦められないとは言っておいたがどうしたらいいか,とのこと。その先生は,自身の魚の目を知熱灸数十壮を何日かして完全に取ったので,その患者様にそう言ったのですが,糖尿があると聞き「待った」をかけました。先生はどうなさっておられますか。
ブログのコメントになっておらず,大変申し訳ありません。
Posted by でぼら庵 at 2007年04月30日 02:41
こんにちは、でぼら庵様。掲示板だいぶ前に撤去してまして、あまり覚えておらずすみません(^_^;)

魚の目の灸は確かに私自身もしたことがあり、効果はありましたね。でも糖尿病の患者さんであれば、程度によっては私もしないように言うと思います。

あまり更新していないブログですが、ご同業の方に来ていただきとてもうれしく思います。
Posted by 院主です at 2007年05月02日 22:20
こんばんは,お返事見ました,ありがとうございます。知熱灸数十壮の代替として,限りなく温灸に近いくらいの知熱灸数壮を1回の施術として長いスパンで行なうというはどうかと考えたのですが,これでは患者様が「効いてるのこれは」とやきもきするかもしれないですね。。
 覚えていなくて当然です,恐縮しないでくださいね。
Posted by でぼら庵 at 2007年05月13日 01:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。