2005年04月17日

銅像がいっぱい

面白いサイトを見つけた。
日本の銅像探偵団
京都や大阪など近くにあって、一度は見かけたことがあるはずなのに、案外記憶に残っていないものがあるんだなあ。三条大橋でも高山彦九郎(京都人は待ち合わせ場所にここを“土下座前”と呼ぶらしい)は知っているけど、弥次喜多は見たことがない。

井原西鶴は桂枝雀かと思った。
posted by 徒手空腹 at 01:35| 大阪 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

逆説の日本史〈4〉中世鳴動編―ケガレ思想
Excerpt: 「逆説シリーズ」第四作。とかく退屈で敬遠されがちな平安時代に綿密な考証を加え、数々の鋭い説を生み出している。「六歌仙=怨霊」説は話としては面白いが、この件は謎が多過ぎて説得力に欠ける。著者は紀貫之が六..
Weblog: ほなみのブログ
Tracked: 2007-10-12 02:38
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。