2006年10月26日

ばちと刀 2

前回揚げた説明の中で親指をクイッと曲げてと書いてしまいました。親指を曲げるというと普通は先の関節を意味しますから、これはあまりいい表現ではありません。挟み込むとでも言うべきでした。

実際いつもやってみるように持ってみたら、親指自体は曲げないでむしろ反らせ気味にしていることに改めて気づきました。中手骨という指の下の骨を含む親指全体を、手のひらの真ん中に寄せて、そこにばちを挟んでいるような感じです。

そうやって腕を上に向かって伸ばしていくと、自然に腕全体が内旋(回内)されてきます。内旋または回内は聞き慣れない言葉かも知れません。「気をつけ」の姿勢で腿の横についている手のひらが、後に向くのが内旋(回内)です。(その反対はもちろん外旋、回外になります)

腕を内旋したまま上に挙げてみましょう。肘を伸ばしていると軽くロックされているような感覚がありませんか?また肘を曲げてみると、何となく日本的な「見得を切る」ような姿勢になることに気づかれると思います。

どちらにせよ、この状態から開放されるときに力は発揮されるわけです。上腕が回外しながら下へ落ちていく手先は美しい軌道を描いて目的の場所へ運ばれます。

武術や日本の伝統的な身体操作について書かれた本を見ると、よく「筋肉ではなく骨を動かせ」と書いてあります。大体はそういう場合、肋骨や上腕のことが多いようですが、末端においても当てはまる術理であることが感得できるでしょう。
posted by 院主です at 22:55| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 稽古をする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26224452

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。