2012年03月21日

やっぱり鍼は効くなあ

恥ずかしながら、今年になってひどいスギ花粉症にかかったようです。いつもなら5月くらいに、何かの花粉で短期間やってくるだけの症状がもうきてしまい、しばらくグスグスしながら、いろいろ試していました。主に減食と肋間のマッサージなんかで、どれくらい効くかやってたんですが、あんまり思わしくないので、たまらず鍼をやりました。自分で自分に一人さびしく打って、じっとしてるんです。他人から見たら、変な光景なんでしょう。

やっぱり自分の場合は、鍼が一番キレがいいなあとあらためて思いました。ちょっと目の痒みだけ明日もまだやることがありそうですが、鼻はティッシュ不要です。

私は本来は非侵襲的な方法が好きなので、自分の体に症状が出た時には、出来るだけ鍼を使わずにいいやり方はないか探すのですが、結局は自分に鍼をすることで小さな発見ができて、患者さんへの負担を減らすことにつながることがあります。

今回の発見は「ひょっとこ口で息を吐くと、鎖骨の位置が良姿位へ向かう」ことでした。発見というより、再確認ですが、これは誰でもすぐに役に立つ方法につながります。実際に今花粉症で困っているけど鼻で何とか息を吸えて、なおかつ周囲に家族以外誰もいない人で、なおかつ「ひょっとこみたいな顔してると、ずっとそんな顔になって戻らないんじゃない?」とかいう根拠のない懸念をお持ちでない方には、試していただきたい。やり方は極めて簡単で、鼻で息を吸い、ひょっとこ口で息を吐くだけです。


タグ:鍼灸
posted by 院主です at 22:52| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 身体を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/259238797

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。