2006年04月15日

マクロビと牛乳

牛乳の旗色が悪いらしいですね。
こちらの記事によると、最近のダイエットブームで、牛乳が槍玉に挙げられ、消費が落ち込んでいるというんです。以前より当ブログでも主張していたことですが、乳製品が骨成長や骨折予防に役立たず、または有害であることは、何年も前から知る人ぞ知っている事実です。高齢者を見ると乳製品を勧めたがるお医者さんも、実はこれを立証するデータを目にしたことはあるはずです。‘97年にメディカルトリビューンおよび日本医事新報という、権威ある医師向けの二大専門誌に掲載されたからです。しかしこれだけ重大なニュースが大新聞で報道されたことはありません。まあ、いろいろ事情があるでしょうから…

そんな話が今になって若い女性を中心に注目されてきたのはどういうことでしょう。ニュースでは“マクロビ”正しくはマクロビオティックの影響だといいます。

マクロビオティックというのは、戦前から戦後にかけて活躍した、桜沢如一という食養家が提唱していた方法です。中国の古代思想である陰陽論を思い切り簡単に、いうなれば俗っぽくわかりやすくした理論を軸に、玄米と菜食による生活を謳っています。私が今の仕事を志した頃(20年前)であれば、知っている人は“ちょっと変わった人”でしかありませんでした。資料が欲しいときは、古本屋へ行ったくらいです。もっとも日本CI協会という組織が存続しており、そこへ頼めば手に入ったでしょうが。

そんないわば“古くさい健康法”が思いもかけぬところから有名になってきたようです。

世界のサカモト、坂本龍一が実践していると言ったのが、数年前。この前後に、おしゃれな装丁の料理本なんかが何冊も出版されました。私が鍼灸学校の図書館や古本屋で読んだ桜沢さんの著書が持っていたイメージを、一新させようとしている努力が見られました。“スローライフ運動”なんかと上手く並行して、乗り上げたこともあるでしょう。

しかし、皆さん、どうですか?知ってました?マクロビオティックのこと。少なくとも私の周辺ではそれほど有名ではありません。ですから牛乳の消費が減ったことと「マクロビ」を関連付けられても、ピンとはこないのですね。

マスコミが持ち上げているだけの流行というのはよくあります。マクロビがそうなのかどうかはわかりません。「浅薄」という熟語がこれ以上ないくらいにぴったりな“癒し”や“健康法”ブームの、枝の一つではないかという指摘も記事にはあります。実践している人の中には、実際それで終わっている人もいるでしょうが、そうでない人も少なからずいるだろうという気はします。

流行で終わっている人と、そうで無い人の何が違うかというのは、単に「長続きしている」とかいうことではありません。ましてや「これで○○が治りました」という経験でもありません。では何なのか?答は次回に持ち越したいと思います。




posted by 院主です at 12:52| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュースを読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16597255

この記事へのトラックバック

玄米de健康・ダイエット
Excerpt: 玄米で健康的にダイエット!突然のトラックバック失礼致します。ご迷惑でしたら削除してください。
Weblog: 玄米de健康・ダイエット
Tracked: 2006-04-28 00:40
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。