2010年03月22日

疑わしい運動テスト

久しぶりに投稿したのは、本業関係でとても気になることがあったから。

よくテレビ番組なんかで「姿勢チェック」だとか「バランス感覚テスト」とかいって、タレントなんかにさせているものがあります。両目をつぶり、その場で足踏みを50回もしくは30秒とかする、あれです。

自分では同じ地点で足踏みをしてるつもりが、前に行ったり、横に行ったり、ぐるっと回っていたりして「わー」と驚くのに対し、ある先生は平衡感覚の問題と言い、ある先生は骨盤の歪みだと言う。

結論から言って、このテストだけでどれもまともに信じる根拠はないのではないか、私は今日自分でやってみてそう思いました。

3回くらいやりましたが、結果は全部違ってたのです。

1回目は左に回旋しました。
以前経験した機械での測定によると、私は体重に比しての筋肉量はかなり多い方らしいのですが、左の腓腹筋(ふくらはぎの筋肉)はなぜか少ない。そのせいなのかと思いました。

ところが2回目は5cmほど前に行き、3回目は右に回りました。2回目3回目では、できるだけ腓腹筋を使わずにやってみたのは事実です。作為を持ってやったのはテストにならないのでしょうか?でも、そうであるならば、最初のテストは「骨盤のゆがみ」とも「平衡感覚」とも関係ないところで、結果が出ている可能性があることになります。

身体のどこかの部分に少しの意識を置くだけで力の入り方は変わります。体調の変化によってその時々、身体のどこかに意識がいってしまうことは多々あります。そういうことは無いほうが珍しい。修行をやり遂げた高僧やヨギならどうかはわかりませんが、われわれ凡人は心も身体も雑念だらけですから。

このテストにおいて、平衡感覚や骨盤の問題が結果に影響することは当然あるでしょう。しかし、それは「骨盤が前傾しているから前に行く」とか「最初の位置からずれるほど前庭機能が低下している」とか、決め付けられる類のものではありません。
posted by 徒手空腹 at 23:10| 大阪 | Comment(1) | TrackBack(0) | 運動を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シチズン アウトレット
Posted by 腕時計 at 2013年07月29日 15:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。