2015年02月22日

悪い姿勢 原因の誤解

最近の子供の姿勢が危険!とかテレビ番組でやってましたなあ。最近はスマホや携帯ゲームの長時間使用とからめての問題視されることが多いようです。でも子供の姿勢が悪いというのは、そういうものが無かった私の子供のころにも盛んに言われてた気がしますがねえ。

体幹トレーニングで姿勢を良くする教室なんかも出始めてるようで、それで良くなること自体は至極結構なことなんですが、この時に必ず言われる「今まで支える筋肉の力が弱かったため、トレーニングで筋力が付いて姿勢を正しく保持できるようになりました。」という話。これがちょっと気になります。鵜呑みにしていいのか?と

「トレーニングをして姿勢が良くなった」 これ事実なんだと思います。疑う必要もありません。重要なのはここ「筋力がついて」という部分です。

ここで私の子供のころの思い出をいきなり持ち出しますが、我慢してお聞きください。

幼稚園児の頃です。腹筋運動が出来ずに悩んでいました。他にも縄跳び、ボール投げ、出来ないことだらけでしたが、この腹筋運動は他の運動に比べると、子供の目にもシンプルで、出来て当たり前に見えたりするわけです。その頃おこなわれていたのは、まっすぐ仰向けになって、両手を頭の後ろに組んで、上半身を起こすあれです。今は誰もやってませんね。

うんうんと、うなりながら体を起こそうとするが出来ない。それが、ある日突然ふっと体が持ち上がったわけです。「えっ!」て感じです。筋力が徐々に付いて、出来るようになるなら、最初はやっとこさで持ち上がり、何度も鍛えるうちに段々と慣れてくるという感じになるはずですが、そうではありません。どちらかというと、自転車に乗れるようになる感覚に近いのです。

起き上がれなかったのは、要らないとこに力を入れて、体を止めていたからです。一生懸命力を入れようとするばかりになって、体を反らせる筋肉まで力が入っているわけです。ある日、脳が「違いますよ。ここだけでいいんですよ」と体の前面の筋肉に指令を出す。そこで成功という運びです。

姿勢を維持する、きれいな形で維持する。実はこれも上のような働きによるところが大きいと考えています。日頃なにも運動をしていなくても姿勢のいい子、運動をしているのに姿勢のわるい子がいるのも事実です。姿勢を何時間も支える筋繊維と、一時的な負荷をかけて、10回くらいの運動をするときの筋繊維は、同じではないでしょう。

では姿勢教室で筋トレをして姿勢が良くなったのはなぜか?

それは使うべき筋肉、使うべきでない筋肉への再教育をしたからだと、考えられます。鍛えられたのは、「筋力」ではなく「運動感覚」なのです。

頭(頭蓋)という極めて重い荷物(骨や脳全部含めると体重の1割ですよ!)を、脊椎へ楽に適切に置ける感覚が身に付いたということです。

重さへの感覚は、背骨から遠いところにあるものほど強く感じられます。腕を伸ばしてカバンを持つ人はいません。体に近付けて持ちます。それでもしんどかったら、肘に掛けます。それもしんどかったら、肩に掛けます。もっと極端な例でいうと、アジアの多くの国では、水がめとか重い荷物を頭の真上に置いて歩く女性がいますね。

水がめまでいかない、自分の頭だけですが、十分重たい。それを体幹の真上にちょこんと置いている状態。力をそう入れたり、緊張を我慢したりしなくて済むバランスの取り方を、トレーニングの過程で自然に覚えた結果と考えた方が納得できます。

これは高齢者のロコモティブシンドローム予防などに関しても同じことが考えられます。
加齢は視覚、聴覚を奪っていくように、体性感覚も衰えさせます。私が体操指導をする際は、これらのことを最も重視して、感覚の維持(できれば向上)を実感できる動きと説明を常に心がけています。
ラベル:姿勢 体操
posted by 徒手空腹 at 22:51| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 運動を考える | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。